診断書も重要!

交通事故の被害者となり後遺症の等級を決めるために申請を行う際には、医師の診断書も提出する書類の一つとなってきます。この診断書の内容も認定を受けるためにはとても重要なものとなってきます。

単に後遺症があるというだけで正当な補償を受けることができない場合もあります。というのも医師は治療を行うプロであり後遺症認定のプロというわけではないためです。診断書の記載にもポイントなる部分があるためにそこがうまくいかないと認定が難しくなったり本来の等級よりも下の等級となってしまう可能性があるということになります。

もちろん被害者自身はそのようなことを判断することは難しいのでできるだけ早い段階で弁護士をお願いし、認定のために必要となってくる具体的なポイントをお願いしていくことが必要となります。これは決して少しでも等級を上げるためといったことではなく本来受け取るための正当な補償を受けるためのものとなります。

内容は同じであってもちょっとした記載の違いなどでも結果に違いが出てくる可能性があるのですから正当な補償を受けるためにも弁護士のアドバイスはとても重要なものとなってきます。等級によって示談金など大きな違いが出てく来ますから後で後悔することのないように準備することが必要です。